コラム

Column

リノベーションのメリット

2018.04.27(金)

空間デザインで、例えば飲食店を例にした場合、私が料理人の立場なら得意なメニューを

どのような器や皿で提供し、合わせて提案したいドリンクに何を飲んで欲しいか・・・を考え

そこからテーブルの大きさ・配置を考える。

そして私がこのお店のお客の立場なら、どんな風に食べているのかどんな風に飲んでいるのか・・・を

想像し、その空間を考える。二つのの視点 その融合のデザイン。

 

リノベーションにも2つの視点ががある。最初に建てた時の”どうやって使うか”を考えた視点。

そして今から”どう使っていくのか”を考える視点。

 

二世帯住宅の場合、それが更におもしろい。

今まで住んできた住まい。育ってきた住まい。そしてこれから育てていく住まい。

楽しく好きだった空間もあれば、不便で使いにくかった部分もある。

それを知りながらのリノベーション。

面影を残しつつも新しく便利になってゆく空間。

それこそが、リノベーションの一番の醍醐味であるだろう。

 

ある家族の話

親が高齢になってきた。今後の事を考えると、同居したほうが良いのでは・・・と考えるが、

親としては、思い出の詰まった建物。

新しく建替えたいとまでは思わない。出来ればそのまま住み続けたい。そんな中、二階の賃貸ししていた部屋が空いた。

もう住人は居ない。

これも、ひとつのきっかけとなり、同居型の二世帯住宅へのリノベーションへと行動を起こした。

リビング・水回りを一階にし、共に助け合える環境にした。

プライベートは二階に配置し、自宅で仕事もできるようになった。

IMG_0247編集2

場所は変わらない、でも空間は変わる。

良いところは残り、不便は改善される。そういう楽しみを一緒に造っていくことが

リノベーションの一番のメリットではないだろうか。

IMG_0247編集3枚